松平頼則作品集 II
1999 ALM Records - ALCD-48
http://www.kojimarokuon.com

いずれにせよ「南部民謡」や「古今集」は
ドビュッシーやラベルへの
私の若い日のオマージュなのである。


松平頼則


 『朧月夜』『La Grace』など、オペラ『源氏物語』周辺から発芽した近年の作品には、決して無意味な気張りをもたず、一つの声が旋律をたどりながら揺れ動くそのストイックな線が、あたかも影をピアノに落とし、エコーのように残響していく、そんなさまを聴き取ることが出来る。それはまさに、音といううつろっていくものへの、松平さんなりの流儀=思想によるアプローチにほかならない。
 こうした松平さんの、時期を隔てた作品を、奈良ゆみさんは同じ声で演じ分けられている。書法、唄法ともにかなりことなったているこうした作品をひとりの歌手=ヴォイス・パフォーマーがアプローチすることによって、作曲家のうちにある連続性と変化とが明瞭に浮き彫りにされることは確かだ。
小沼純一
Copyright Yumi Nara 2003 all rights reserved.